前回の記事では「どういったSEO対策をすれば出版につながるブログになるのか?」という観点でブログの書き方をお伝えしました。

しかし、SEO対策を常に考えながら記事を書くというのは、本来書きたいことが制限されて書きにくくなる、という感覚を持ってしまう方もいらっしゃると思います。

そこで、今回はもう少し踏み込んで、SEO対策にとらわれないアクセスアップ方法について説明したいと思います。

ステップ1.キーワードの考え方

世の中の多くの人が検索するであろうと思われるキーワードを見つけ出して、ブログ記事のタイトルに設定することは、SEO対策としては当たり前の対応です。

そういったキーワードは、Googleのキーワードプランナー(要:AdWordアカウント)や、Yahoo!のキーワードアドバイスツールというものを使って調べることができます。

しかし、SEOについて知見のある人は、ほぼ全員がこのツールを使って検索ボリュームを調べているので、キーワードの検索ボリュームが分かったからと言って差別化することは難しい状況です。

こういった状況の中で、他のブログ記事よりも自分の記事が検索上位に表示されるためには、やはりその記事自体の質が良く、ユーザーから求められる記事でなければいけません。
質の良い記事だからこそ、他のユーザーから求められる記事になり、他のサイトからリンクを貼ってもらうことにも繋がる訳です。

つまり、「キーワード」のみにこだわるのではなく、「検索する人の気持ち」を考えた上で記事やタイトルを作る、ということがテクニック的なSEO対策よりも重要なのです。

例えば【スマホ 価格】といったような”購入”が目的の検索キーワードの場合は、価格さえわかればユーザーの欲求は満たせるので、ブログ記事より家電量販店サイトや大手価格比較サイトを見に行くでしょう。これはアクセスが集めやすいキーワードではありません。

そうではなく、スマホの特定機種の使い勝手に関する情報がほしいユーザー向けに【nexus6p レビュー】といった、使い勝手が知りたいという欲求を満たすキーワードで記事を書いた場合、ユーザーの検索意図を反映しているのでアクセスを集めることができます。

このように、検索意図を理解して更に期待以上の情報を届ける記事を書くとアクセスが集めやすくなります。
記事を書く際は「検索する人の気持ち」を反映したキーワードを考えましょう。

STEP2.検索上位のサイトを研究する

前述のようにこれから書くブログ記事の検索キーワードを決めたら、まずは実際に検索エンジンで検索してみましょう。
そこで表示された、上位3つくらいの記事を読んでみて、その3つの記事より内容も情報量も圧倒的に勝っている記事を書いてみてください。内容や書き方を真似することはNGですが、どういったことが書かれているのかを参考にすることは問題ありません。
しかし、しっかりと自分のオリジナリティを出した記事にしてくださいね。

参考にするポイントとしては、以下の通りです。

・どうすればもっと分かりやすくユーザーに伝えられるのか?(図にする?グラフにする?例え話にする?)
・内容の取り上げ方として違うアプローチで取り上げることはできないか?
・キーワードの検索意図から考えて120%の回答を提供する記事になっているか?

これらを確認して、更に良い記事が書けそうと思えたら、実際に書きはじめましょう。

STEP3.ブログ内の他の記事へリンクする

いわゆる内部リンクと言われるもので、自分のブログを見に来てくれたユーザーに他の記事を1ページでも多く読んでもらい、サイト内回遊を誘発することに意識を向けてください。

一人あたり何ページ見ているか?という「ページ/セッション」という指標がありますが、これを高めることはそのサイトのPV(閲覧数)を高めることに直結します。

そのため、右カラムや記事が終わった直後、本文中に、自分の他の記事へのリンクを配置することは、とても重要な取り組みとなります。

STEP4.自分の記事をSNSと連動する

以前の記事でもお伝えしましたが、ブログはストック型メディア、SNSはフロー型メディア、という役割を担っています。

それぞれ役割が違うため、しっかりとブログとSNSの連携をすれば、アクセスは大きくアップします。
そのためにはSNSである、FacebookやTwitterの友達、フォロワー数を増やしておく必要があります。
短期間で大きく増やす必要はありませんが、ゆっくりと時間を掛けながら良質なフォロワー数を増やしていきましょう。

良質な記事であれば、すぐにシェアされて広がっていきますのですぐにアクセスを集めることができます。
多くシェアされればされるほど、検索エンジンからの評価も良くなり、検索上位に表示されることになります。
SNSを使うと、こういった相乗効果も見込めますので、かならずブログとSNSの連携は忘れずに行って下さい。

今回のまとめ

おそらく、みなさんはアクセスを集めるためには、高度なテクニックが必要という固定概念を抱いていたのではないでしょうか?
しかし、今回の記事でもお伝えしてきたとおり、基本的なステップを踏んだ上で、検索しているユーザーの気持ちを理解した記事を作ることが一番重要になってきます。
巷に噂のように流れているSEO対策テクニックに惑わされると、無駄な作業で疲弊してしまうこともあります。

そうならないためにも、日頃からあなたが心の底から発信したい、伝えたい、と思っていることをわかりやすく表現し、出し惜しみすることなく求めている人に提供すれば、必ず結果としてPV(閲覧数)に跳ね返ってきます。