前回までは、「出版につながるシリーズ」としてブログの書き方、記事タイトルの付け方をお伝えしてきました。


当然、この次はどういったSEO対策をすれば出版につながるブログになるのか?ということを知りたい方もいらっしゃると思います。

そこで、今回は”出版につながる”ことにフォーカスした、SEO対策のテクニックについてお伝えしたいと思います。

SEOとは検索エンジンと仲良くなること

ホームページやブログを持っていると、一度は「SEO対策」という言葉を聞いたことがあると思います。
SEOとは、Search Engine Optimizationというもので、日本語で言うと「検索エンジン最適化」というものです。

この言葉だけ聞くと、ちょっとむずかしく感じるかも知れません。
しかし、SEO対策というのは全く難しいものではなく、とてもシンプルに捉えることが出来ます。

そのシンプルな捉え方というのは、
検索エンジンへの最適化をすれば良いだけ」です。

そのまんまですね^^

もう少し詳しく説明しましょう。

みなさんがGoogleやYahooで検索する際、何か困ったことや知りたいことがあって検索すると思います。
よく検索するキーワードは、世の中の人も検索するキーワードが多いため、検索需要のあるキーワードと言えますよね。

その検索需要のあるキーワードであなたが書いた記事が検索順位1位で表示されるとしたら、どうなると思いますか?

そうです!多くの人が検索結果1位のあなたの記事をクリックして読んでくれます。
たった1記事でも、検索需要の高いキーワードで検索順位1位になれば、累計で数十万、数百万の閲覧数を稼ぐことができるのです。

例えば、その記事に広告を貼っていたとしたら、何もしなくても毎月一定の広告収入が入ってくる、ということも可能なので、世の中の多くの人が検索需要の高いキーワードで検索1位になることを目指しています。

この「検索1位になることを目指す」ということが検索エンジンへの最適化をする、という行為です。
つまり、検索エンジンと仲良くなって上位に表示してもらう、ということですね。

極端に言うと、検索1位になることが自分のビジネスの売上に直結することなので、世の中の人は血眼になって検索1位を目指している、という訳です。

間違ったSEO対策とは

SEO=検索エンジン最適化、という意味がわかったところで、具体的にどういったことをすれば良いのでしょうか?
実際にはGoogleの「ウェブマスターガイドライン」にどうすれば良いか全て書かれているのですが、誤った認識を持ってSEO対策をする方たちがいます。

誤った対策をすると、逆に検索順位を下げられたりする可能性があるため、気をつけてください。
以下に、やってはいけないSEO対策を記載しておきます。

・オールドドメインを購入して運用する
・被リンクを業者から購入する
・検索順位を上げるためのあやしいツールを利用
・キーワードの出現率に過剰にこだわり中身を無視したキーワード多様の記事を書く

SEO対策として、上記のような対応はやめておきましょう。

正しいSEO対策を知る

では、正しいSEO対策とはどういったものなのでしょうか?
基本的には、質の高い記事を書けば良いのですが、Googleもシステムのガイドラインを細かくアップデートしながら検索精度を改善しているので、単純に質の良い記事を文章のみで判断している訳ではありません。
いわゆる、サイト構造というものはしっかりとルールに沿った形で構築する必要があります。

以下に正しい対策を記載しておきます。

・複合キーワードを「タイトル」「見出し」に入れる
・パンくずリストを表記する
・ある程度検索ボリュームがあるキーワードをタイトルに入れる
・meta descriptionを必ず設定する
・スマホ表示対応は必ず実施
・内部リンクを充実させる
・SNS(Facebook,Twitter等)ボタンの設置
・記事にあったアイキャッチ画像の設定
・画像のalt属性を記述する
・サイトの表示速度を早くする

<!–nextpage–>

出版につながるSEO対策とは

上記の通り、「間違ったSEO対策」と「正しいSEO対策を知る」ということを踏まえた上で、あなたが出版したいテーマを表すキーワードを1つ決めましょう。

そのキーワードで検索したら、必ずあなたのブログ記事が検索順位1位、もしくは1ページ目に表示されるように「正しいSEO対策」を行い、そのキーワードで検索するユーザーの問題解決に直結する記事を書くのです。

おそらく、最初は全く検索順位の上位には表示されず、やる気がなくなってしまうかも知れません。

しかし、検索順位の上位に表示されるようになるには時間がかかりますので、焦らずに着実に決めたキーワードの記事を量産していってください。忘れた頃にはいくつかの記事が決めたキーワードで少しずつ検索されはじめていると思います。

そこで順位を確認して、上位表示でなければ上位表示の記事と比較して何が足りないのかを自分なりに分析しましょう。そうすることによって、ユーザーが求めている記事や問題解決がわかってきます。

こういった地道な作業によって、良質な記事なら確実に検索上位に表示されることになります。

そして、そのテーマで著者になりそうな人を探している編集者に見つけてもらう可能性が高まることになります。

今回のまとめ

今回の内容は、いわゆる一般的なSEO対策なのですが、出版を目指す目指さないに関わらず、ブログを運営する際には必ず意識したほうが良い対策内容です。

あえて言うと、
「間違ったSEO対策」とは、Googleの検索エンジンシステムだけを考えた対応で、記事を読んでくれる読者のことを考えていない、と言えます。

また、「正しいSEO対策」とは、Googleの検索エンジンシステムと一緒に読者のことを考えた対策と言えますね。

しかし、これからは更にもう一歩先の考えでSEO対策をしていかなければいけません。

それは、読者に価値を届けるために優秀なGoogleの検索エンジンシステムを活用する、というやり方です。
前提として、Googleの「ウェブマスターガイドライン」は一度は目を通していただきたいのですが、これが検索順位を評価する指標になっているので、この内容をインプットした上で自分であらたな対策を考えることができると思います。

次回は、読者に価値を届けるための具体的な対策をお伝えします。