いよいよ、今回の記事では契約したサーバーにWordPressをインストールする方法をお伝えします。
WordPressは、コンテンツマネージメントシステムと言って、CMSと言われています。

一昔前は、ホームページを作る際はHTMLというマークアップ言語で呪文のようなタグを記述する必要がありました。
しかし、CMSというものを使えば、HTMLの知識がなくても簡単にホームページやブログを開設することが出来るため、またたく間に利用者が増えていきました。

以前の記事で、エックスサーバーの契約、独自ドメインの取得までお伝えしているので、それらが完了している方は簡単にWordPressを自分のサーバーにインストール出来ますので、早速やってみましょう。

 

WordPressをインストールする

まずは、エックスサーバーの管理画面にログインしましょう。
ログイン後、「サーバーパネル」の「ログイン」ボタンをクリックします。

正常にログインが出来ると、サーバーパネルの画面に遷移します。

サーバーパネルの画面では、「ホームページ」というメニューの下に「自動インストール」という項目が有ります。この「自動インストール」を押下してWordPressインストールを行います。

「自動インストール」を押下したあとは、以下の画面になります。

自分で取得したドメインが表示されていますので、右にある「選択する」をクリックします。

その後、上部のタブで「プログラムのインストール」を選択肢、「WordPress日本語版」の「インストール設定」をクリックします。

WordPressインストール画面では、ブログ名、ユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力し、「インストール」をクリックします。

すると、確認画面に遷移しますので、入力した情報が間違っていないか確認しましょう。

問題ないようであれば「インストール」をクリック。

インストール完了画面になります。

上記の画面の通り、管理画面のURLが記載されていますので、クリックします。

すると、管理画面のログインページに遷移します。

インストールする際、設定したメールアドレスとパスワードを入力し「ログイン」をクリックします。

正常にログイン出来ると、管理画面のトップページが表示されます。

これで、WordPressのインストールは完了となります。

次回は、WordPRessの管理画面の使い方についてお話します。